【手軽に効率よく!】みるみるリスニング力がアップする!音読パッケージを使った学習法

こんにちは!

ぺんぷぅ

・リスニングを頑張ろうと思ったけど、どうやって勉強しようかな
・問題形式はできなかったら落ち込むから、問題形式以外の方法でリスニング力を上げたいな

英語学習を始めた人で悩みを感じている人は多いですよね。

何も考えずに、とにかく人気の本や話題の本を買ってしまうと内容が難しすぎて挫折してしまったり、英語なんてもう嫌だと思ったりしてしまいます。

私はTOEIC300点から英語を得意と言いたくて勉強をして、1年間で650点を超える点数を取ることができました。そんな経験を生かして、英語学習初心者におすすめの「みるみる英語力がアップする音読パッケージ トレーニング」を使用したリスニング学習法をお話しします。

この記事を見ると、音読パッケージを使用したリスニング学習法がわかります。実践するだけでリスニング力がアップすること間違いありません。おまけにリーディングもついてくるのでおすすめですよ!

英語学習の順番がまだわからない人は「英語学習はリスニングから始めよう」をご覧ください。

無料で学習を始めたい人はこちらもどうぞ「魔法のようにリスニング力を上げる勉強法」

目次

音読パッケージをおすすめする理由

リスニングの学習法なのに音読パッケージをおすすめする理由は2つあります。

  1. リスニング、音読(シャドウイング・リピーティング)の練習が1冊でできる
  2. 中学生レベルの英文で書かれ、難しい単語は意味も載っている。TOEICレベルは300~500点を想定

これらの理由から音読パッケージがリスニングにはおすすめです。

メリット1:リスニング、音読(シャドウイング・リピーティング)の練習が1冊でできる

リスニング力をアップさせる方法としてシャドウイング、リピーティングはとても効果的です。

ぺんぷぅ

シャドウイングやリピーティングって何かな?

リスニング力を高めるシャドウイング・リピーティングとは

「シャドウイング」
読まれている英文を少し後から追いかけて読む学習方法。影のように離れずに読むので〝シャドウ″イング

「リピーティング」
文章の中に区切りがあり、音声が区切りまで読んだあとに何も見ずに繰り返す学習方法
シャドウよりもかなり難しい・・・

シャドウイングもリピーティングも実際に聞いた音を声に出します。声に出す学習方法はリスニングにとてもよい学習法なんです。詳しくはリスニングの学習は声に出した方がいいをご覧ください。(作成中です。すみません)

ですがリスニングの教材はリスニングの音声だけでリピートをすることが難しいです。

基本的には問題文くらいしかCDがついてないと思います。シャドウイングにはシャドウイング専用の教材を買った方がいいんですよね。

そうなるとやりたい活動に合わせて教材を3つも4つも買わなくてはいけなくなります。それはおおきなデメリットじゃないですか。一般庶民には教材を爆買いなんてできない!!

その点!音読パッケージには付属しているCDが2枚あり、全文流れるものと区切っているものがあります。そのおかげで、1冊で様々な学習ができるんです。

シャドウイング・リピーティングを1冊でできる教材!

メリット2:中学生レベルの英文から学習がスタートできる

すべての英語学習に通じるものがありますが、初めから難しい教材を使って挫折するっていうパターンが一番もったいないです。

ぺんぷぅ

やる気はあったのに勉強するの嫌になっちゃった・・・

大事なのはできることから段々むずかしいことにチャレンジしていくことです。スモールステップで進んでいくことが継続して学習ができる秘訣です。

その点を考えると音読パッケージは徐々に難しくなっていくので挫折しづらい本ですね。

簡単な英文から学習するのがおすすめ!

音読パッケージの学習方法

カフェで雑談

それでは実際に音読パッケージをしようした学習方法を紹介します。

STEP
先行リスニング(本文そのままの音声を聞く)

テキストは開かずに音声だけを聞いて意味を理解していきます!

繰り返し聞いてもオッケーです。何度も何度も聞いてこれ以上は無理!ってとこまで聞きましょう。

意味がわからないところはカタカナで聞こえた音で覚えておくとリスニング力アップがはやくなります。

これ以上わからないってところまで何度も聞くのがポイント

STEP
音声で聞き取った音とテキストを一致させていく(文で区切れている音声を聞く)

次は聞き取った音とテキストの文字を照らし合わせていきます。

区切れている音声を聞いて、Ⅰ文ずつ丁寧に音声と文字を確認していきます。

音声と文を一致させながら発音もしていくのがポイント

大事なのは一致させた音を自分でも発音していくことです。

自分で発音できる音=聞き取れる音です。発音は大事にしていきましょう。

STEP
テキストを見ないでリピーティングをする(文で区切れている音声を使う)

ステップ2で聞いた音と本文を一致させているので、内容も頭に入ってきたと思います。

ここからが音読パッケージトレーニングの本格的な始まりです。

テキストは閉じて、音声だけを聞いてリピーティングをしていきます。

これが本当に難しいです。まず始めはできないと思ってください。リピーティングじたいは日本語で行えば簡単なのですが、英語でリピーティングをするととたんに難易度が上がります。

STEP
テキストを見ながらリピーティングをする(文で区切れている音声を使う)

ステップ3で音声をしっかり聞きながらリピーティングをしました。

ステップ4ではテキストは見ますが音声に忠実に声を出すのを忘れないでください。

しっかりと音声を聞き、イントネーションやアクセントまでネイティブスピーカーになったつもりで音読していきましょう。

ネイティブスピーカーになったつもりで音読をする!

STEP
音声は聞かずに音読をする

ステップ5では音声を頼らずにこれまで積み上げてきたことを音読で表現します。

ステップ4でおこなったイントネーションやアクセントをそのままま真似をして音読ができるようにしてください。恥ずかしがらずにネイティブスピーカーになったつもりで読みましょう。

音読をしながら本文の意味も頭に浮かぶようになるとGood!

STEP
テキストを見ないでリピーティングをする(文で区切れている音声を使う)

ステップ2で行ったリピーティングに近いです。これまで学習を積み重ねても難しい人もいると思います。なかなかうまくできないときはテキストを見てリピーティングしてもオッケーです。

ステップは次で最後です。最後まで頑張りましょう!!

STEP
仕上げのシャドウイングをする

最後はシャドウイングでおしまいです。

シャドウイングを今までしたことがなく、または苦手な人はテキストを見ながらシャドウイングをしてもオッケーです。

何度も行って最終的にテキストを見ないでシャドウイングを行うことができるようにしましょう。

ここまでが1サイクルです。これを一つの文ですらすらできるようになるまで何度も繰り返し行いましょう。

私が始めたときは、音読が苦手だったので10サイクルほどかかりました・・・

ですが、やれば必ず力になりリスニング力が向上します。自分で話せる音は聞き取れる音です。

ぺんぷぅ

繰り返しが力になる!継続して頑張ろう!!

まとめ

今回は音読パッケージトレーニングについて紹介していきました。

  1. リスニング、音読(シャドウイング・リピーティング)の練習が1冊でできる
  2. 中学生レベルの英文で書かれ、難しい単語は意味も載っている。TOEICレベルは300~500点を想定
ぺんぷぅ

おすすめの理由は2つでした!

英語なんてもう嫌だと思っていた人も音読パッケージなら継続して学習でます!

私はTOEIC300点から英語を得意と言いたくて勉強をして、1年間で650点を超える点数を取ることができました。英語学習初心者におすすめの「みるみる英語力がアップする音読パッケージ トレーニング」を使用したリスニング学習法でみるみる英語力をアップさせましょう。

ぺんぷぅ

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
また読みに来てくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる